スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柔道男子100kg超級代表の行方~北京オリンピック

inoue


12月7日から9日まで開催された嘉納治五郎杯(ワールドグランプリ)で、またも井上康生は破れました。
もはや、「ひとつでも優勝すれば代表決定」の既定路線も、問題視される事態ですね。

なぜか今回の選考報道は、井上ありきで、まず第一候補として大甘の基準が設けられています(あくまでマスコミの、ですよ)。
実力者といわれる候補者が幾人もいるなかで、なぜに「井上待望論」が幅をきかせるのでしょうか?
要するにマスコミは、話題性があればいいわけですね。

井上じゃ金はとれないことは、素人にも予想がつくことで、この状態で代表にするということは、事実上の「引退勧告」になるわけです。

それもマスコミのネタですか?


関連記事

この記事のトラックバックURL

http://amber0502.blog9.fc2.com/tb.php/464-dd856b7a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。